この法人は、障害のある人の就業生活の支援のために、望ましい職業指導や就業支援のあり方を研究・研鑽及び全国における就業支援機関・組織運営の健全化などについて相互に意見や情報を交換し、わが国の障害のある人が自立した生活を送れる環境の形成に寄与することを目的としています。

トピックス

「平成30年度報酬改定等に関するQ&A」及び「就労定着支援の円滑な実施について」

 厚生労働省より「平成30年度報酬改定等に関するQ&A」及び
「就労定着支援の円滑な実施について」、以下のとおり周知依頼が
ありましたのでご案内します。

○「平成30年度障害福祉サービス等報酬改定等に関するQ&A vol.4(平成30年7月30日)」
詳細はこちらをご覧ください。

○就労定着支援の円滑な実施について
詳細はこちらをご覧ください。
○様式ファイル
(別紙様式1)【就労定着支援記録票】
(別紙様式2)【就労定着支援計画】
(別紙様式3)【就労定着支援に係る基本報酬の算定区分に関する届出書】
(別紙様式3別添1)【就労継続者の状況】(就労定着支援に係る基本報酬の算定区分に関する届出書)
(別紙様式3別添2)【就労継続者の状況】(就労定着支援に係る基本報酬の算定区分に関する届出書)(新規指定の場合)
(別紙様式4)【就労定着支援事業所の指定に係る記載事項】
(別紙様式4別添)【一般就労移行実績】

 

平成30年7月豪雨に伴う指定就労継続支援A型事業者の運営に関する基準の取扱いについて

 厚生労働省より「平成30年7月豪雨に伴う指定就労継続支援A型事業者の運営に関する基準の取扱いについて」
以下のとおり周知依頼がありましたのでご案内します。

詳細はこちらをご覧ください。

 

熱中症 予防 の普及啓発・注意喚起について

 厚生労働省より「熱中症 予防 の普及啓発・注意喚起について」
以下のとおり周知依頼がありましたのでご案内します。

詳細はこちらをご覧ください。

 

熱中症事故の防止について

 厚生労働省より「熱中症事故の防止について」
以下のとおり周知依頼がありましたのでご案内します。

詳細はこちらをご覧ください。

 

「夏季の省エネルギーの取組について」

 厚生労働省より、「夏季の省エネルギーの取組について」の正式決定に伴い、エネ庁から、当該決定に関する協力・周知依頼がありましたので情報提供します。
省エネの取り組みにつきましても可能な範囲でお願いいたします。

■「夏季の省エネルギーの取組について」を決定しました ~6月から9月は夏の省エネキャンペーン~
http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180531006/20180531006.html

■「夏季の省エネルギーの取組について」※上記プレスリリースに掲載されているものと同様です。
http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180531006/20180531006-2.pdf

※当該決定は、6月から9月までの夏の省エネキャンペーン期間において、省エネルギーの普及活動を行い、各方面に省エネルギーの取組の実践について協力を呼びかけつつ、政府自らも率先して、省エネルギーの取組(室温の適正化、照明の削減等)の実践を図ります。

 

「平成30年度 再犯防止シンポジウム」開催のご案内について

 厚生労働省より「平成30年度 再犯防止シンポジウム」の開催案内がありました。
参加希望の場合は各自直接お申込みくださいますようよろしくお願いします。

詳細はこちらをご覧ください。

 
 

全国就業支援ネットワークでは…

国の雇用施策の動向に目を向ける一方、地方自治体の障害者計画策定並びに推進に積極的な参画が必要だと考えています。 これからの地域を主軸とした障害者支援では、障害者自立支援法にある「就労移行支援事業」との関係においても、地域全体の支援者がこれまで培った実践の好事例、これから取り組む好事例を共有し、地域の意味ある存在と使命を果たしていくことが求められています。また、多くの障害者就業・生活支援センターは、法人間、地域間、行政間、企業からの教育、訓練機関へのフィードバック等、様々な領域を超えてのケアマネジメント機能、積極的な実践も求められています。こういった就業支援機関特有のミッション性も、比較的容易に当ネットワークで学ぶことのできる大切な認識共有の一つであると思われます。 特に当ネットワークを構成する会員の皆様には、就労支援の現場に関わる専門家としての誇をもち「おらが地域づくり」のコーディネーターとして、「就業生活にかかるケアマネジメントの仕組みづくり」の中心的な役割を担う使命があると思われます。

 
ページ上部に